rey’s developer blog

ユーザ系SIerに勤めるSEがプログラミング、データベース、OS、SNS、ガジェットなどを中心に備忘録変わりに書いていきます。

【Oracle】Oracleの停止方法とその種類について

Oracleの停止方法とその種類について紹介します。

 

[停止の種類]

・SHUTDOWN

 SHUTDOWN NORMAL

  →すべてのセッションが切断されるまで待機して、停止

 

・SHUTDOWN TRANSACTIONAL

  →現行トランザクションの終了後、停止

 

・SHUTDOWN IMMEDIATE ←普段使う場合はこちら

  →現行トランザクションをすべてロールバックして、停止

 

・SHUTDOWN ABORT ←IMMEDIATEで止まらず強制終了がやむ無い場合はこちら

  →強制停止

 

[停止の方法]

SHUTDOWN IMMEDIATEでのサンプルです。

変更には「OS認証」とよばれる方法でログインし、停止を行う必要があります。

 

以下のような例で変更します。

  インスタンス名:REYDB

 

Linux/Unixでのサンプル


(Oracleのインストールユーザでログイン)
>export ORACLE_SID=REYDB

sqlplus / as sysdba

SQL > shutdown immediate;

 

 <参考>

 SQL*Plusユーザーズ・ガイドおよびリファレンス SHUTDOWN

 

Oracle インスタンスの起動と停止 - オラクル・Oracleをマスターするための基本と仕組み

<愛読書>